2017年度のハロウィンのトレンドについて
2017.07.26

お化け毎年定番で使われるハロウィンのグッズ、衣装などもありますが、ハロウィンには、その年その年のトレンドも存在します。これまで日本では、その年に流行したアニメや映画のキャラクターがトレンドとなり、街に多くの進撃の巨人や貞子の仮装をした人たちが現れました。また、日本では怖いキャラクターにこだわらず、好きな仮装をして楽しむ傾向があるため、ミニオンズなどのかわいいキャラクターや、ペコ&りゅうちぇるなどの、その年に話題となった芸能人の仮装もトレンドになりました。
では、2017年のハロウィンには、どんなものがトレンドになるのでしょうか。2017年に公開、ハロウィンの仮装に取り入れやすいキャラクターのいる映画といえば、銀魂、パワーレンジャーあたりでしょう。大人気アニメの実写版、鋼の錬金術師も今年公開ですが、12月公開予定なので、DVDやブルーレイで話題が次のハロウィンに続けば、2018年のトレンド入りもありそうです。
映画公開時にもハロウィンのトレンドになったミニオンズですが、今年の夏に新作映画の公開もあり、アミューズメントパークでも、新たなイベントが開かれて、いるため、再度トレンド入りする可能性も大いに考えられます。同じく人気のアニメ映画、カーズも新作が夏に公開されますが、仮装と考えると、人間が出てこないため、また衣装にしやすいかどうかを考えると、微妙なところでしょう。
キャラクター以外のトレンドでは、ハロウィン向けに特殊メイクを施してくれるお店も出てきたため、悪霊や魔女、ゾンビといった恐怖系の定番の仮装に、よりリアルを求める傾向が強くるでしょう。また、特殊メイクまでいかないものの、肌に貼るだけで傷口や火傷があるように見える、ボディーステッカーの質も上がってきました。お店に行かなくても、血糊と一緒に使うことでよりリアルな魔女、ゾンビメイクなどができるようになります。
これまでは、どちらかというと仮装をして飲んだり騒いだりして楽しむという方が多く見られましたが、世代によってかなり差はあるものの、若い世代では定番化してきたこともあり、売っているもので手軽に仮装して楽しむ人たちと、より仮装に力を入れる人たちの2つの流れに分かれていくでしょう。外に出てハロウィンを楽しむ人たちだけでなく、ネットゲームなどの個人がネット上で集まるハロウィンイベントも昨年話題となりました。仮装やパーティーが苦手な人たちも参加することができ、ハロウィンの参加人数も増えたため、今年も引き続きトレンドとなりそうです。

▲ ページトップへ